畳屋ブログ「畳は実は生き物です」 presented by (株)鈴木畳店  横須賀市の(株)鈴木畳店の三代目&サイト管理人による仕事ブログ。三浦半島などの風景も有りです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
工務店さんの親方(社長)とお客様宅の別荘へお伺いした時の事です。

お茶会の時などに使うのふち(以下炉縁「ろぶち」)の場所を移動したいという事でした。 (畳のしたの炉はすでに出来上がっており、畳で蓋をしている状態だったため)

新しい場所に炉縁を製作するのと、今まで炉縁のあった畳を1畳ものに戻す作業です。

作業は簡単です。
一応炉縁は全国的に1尺4寸四方(約42,42㎝×約42,42㎝)と決まっており、畳をその寸法通りに切って、炉縁をはめます。炉縁を使わないときは1尺4寸四方の小さな畳を納めておきます。

炉縁
そこで、一応炉縁の大きさをを確認しようと

「炉縁はどこですか?」 と聞くと大工さんが隣の部屋から何やら厳重に梱包されている箱を持ってきました。

箱を開けるとそこには年代物の炉縁が丁寧に入っているではありませんか!

私はおもむろに炉縁を取り出し、寸法を計ると案の定「一尺四寸」です。  よっしゃ!分かったとか思っていると、

ん、ん? なんか、紙が入ってる! 見てみると

「金百五萬円也」 ???

最初、何を書いてあるんだかピンときませんでしたが、、、数秒後、、、

 絵文字名を入力してください汗-GL汗・・・   です!  (大工さんもビックリ!)

いやー、手が震えましたね・・・(笑)

そして大工さんが一言、

「た、畳屋さん!あんまり寸法をキツクしちゃったら炉縁壊れちゃうかもしれないから気を付けね(笑)」

こちらはさらに   大汗:;絵文字名を入力してください です。笑



あるんですねー、ビックリです。

うちが加入している損害保険の限度額っていくらだったっけ?とか思い出したりしてました笑


P・S  作業は無事に完了しましたのでご心配なく・・・。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tatamisuzuki.blog26.fc2.com/tb.php/203-3d7de564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。